相談をして家をかえる

介護リフォームをするには気を付けておきたいことがあります。介護リフォームは画一的なものではないという点です。そのためリフォームには介護の専門の知識をもっているケアマネジャーへの相談や、介護リフォームを多く手がけている業者に依頼することが重要です。専門知識も無く、介護リフォームに不慣れな業者に依頼してしまいますと、リフォーム後の生活において様々な不便な点が出てくる心配があります。手すりを付けたが車椅子が通れない、スロープの傾斜が急すぎるなど利用者の立場を理解していないと介護リフォームの意味がありません。またきちんとした材質を使用していなかったりした場合には、リフォームした箇所が破損してしまい利用者が負傷するといったことも起こりかねません。

介護リフォームを行う上での様々なメリットがあります。介護リフォームには補助金制度がありますので、上手く活用しますと負担が軽減します。介護保険では20万円までを9割補助してもらえます。ただし介護保険の適用となるリフォーム内容は決まっていますので事前に確認をしておくことが大切です。また自治体ごとにも補助金制度がありますので確認してみた方が良いです。介護リフォームを行うことによって利用者の自立を促す効果もあります。なぜならば自分で出来ることの範囲が広がるため、利用者は前向きになれまし行動的にもなれます。これは利用者の心身の健康にとっては非常に重要なことです。また昨今は介助する方も高齢になって来ている場合がありますので、介助人の負担を軽減することも出来ます。